プロフィール
Canmorite
DTIブログ!

Search

スキーシーズン終了!!

遂にスキーシーズン終わりました。
先週の金曜日で、通産150日ぐらい?
おなかいっぱい滑ったので、もういいっす。
本当は来週の木曜日まであるんだけど、今年受験するカナダ山岳ガイド協会のバックパッキングガイド試験の準備があるので、自分は終了。
来週から毎週どこかにバックパッキングにいってきまっせー。

ちなみに、スキー場にはまだまだ雪があって、一般客向けにはクローズの後に30cm程降った。
朝はかなりドライなパウダーだったから、ロッキー恐るべしと思いましたよ

とりあえず、怪我もなく乗り切れたので一安心。

意外なスキー場での脅威

シーズンが7ヶ月もあるサンシャインならではの脅威。
それは雷。
5月も下旬になると、天候が不安定なときは雷雲が発生することもある。
今日も、ゴロゴロゴロってきましたよ。
その瞬間、無線が忙しくなり、こっちに近づいてきているようならば、即リフトを止め、お客さんを乗せない様にする。
だって、まわり何も無い場所で、鉄でできているリフトに乗っているって相当あぶないっしょ?
リフトに乗っていなくても、木も何も無い場所で雷が起これば、落ちる場所は決まっちゃうし。

そんなこんなで、後2日で営業終了!

やっぱ雪だよね

前言撤回
前日の寒い日、重い雪はその後も降り続きなんと、15cmの積雪。
しかも夜になって少し寒くなったので、朝一はそこそこ軽いパウダー。
5月も中旬、誰もすべりに来ないので午前中は完全パウダー。
やっぱパウダーですよ。

午後は、暖かくなりすぎて、今日の深雪ではなく今までの雪が全層雪崩になる危険があるので、
かなりの場所をクローズした。
ゴーツアイも既にクローズなので、設置してあるサインやら竹ざおなどをクリーンアップ開始。
重くなった深雪の上を、重い荷物を担いで降りるのはかなりつらいかったす。
肩にあざができた。

スキーシーズンもあと1週間。

もういいよ

5月は自分の仕事を優先したかったので、すこしパトロール業務を減らしていました。
なので、4日ぶりの出勤。
家で仕事をしていた4日間の天気は、ピーカン。めちゃくちゃ気持ちの良い天気だった。
山でもやっぱ青空はいいよねー、とか思って出勤日の今日、起きると。雨。
しかもちょっと寒い。

ということは、山の上はもちろん雪。
しかも微妙な気温なので、ウェットな雪が一日中降っていた。視界はもちろんゼロ。
最悪っスよ。
そんな中でもけが人は発生。
上腕骨骨折、同僚の話では上腕骨がZに曲がっていたってさー。
しかも、絶叫系の患者。お大事に。

明日も出勤だけど、青空の下で春スキーをしたいな。

ちなみに、今日でゴーツアイはクローズしました。
あとは、Lookoutエリアとスタンディッシュ周辺のみです。

2日で30cm


他のスキー場がクローズする中、サンシャインは5月21日までワイドオープン。
自分は、その後スキー場のクリーンアップに参加するので、5月末まではシーズン。
かなり疲れてきて、板も壊れたけど、2日で30cmも降りました。
しかも、かなりドライパウダー。
5月の最後のプレゼントにみな歓喜。
土曜日には3500人以上のお客さん(通常は1000人)ぐらい来て、最後のパウダーを楽しんだ。

今日日記書いているけど、実は1週間ぐらい前の出来事なんす。

あと2週間。長い冬もそろそろ終わりを告げます。
そして、ハイキングシーズン到来!。楽しみ。

135日目の悲劇

サンシャインビレッジではゴンドラに乗るときに、シーズンパスをスキャンする。
そのスキャンには何回目かという回数がでるのだけれど、この前聞いてみたら135回目だった。
1ヶ月に2回は診療所詰めの日があるので、その日はスキーはしないけれど、その他の日はもちろん全てスキー日、バックカントリーも含めると130日以上はスキーをしている計算。
あと3週間あるので、おそらく150日ぐらい?
結構な数ですよ。

そんな135日目に悲劇が。
朝のコースチェックをしていて、コブに入った際片方のスキーが取れて転倒。
あらあらと思って板を取ると、、、バインディングが着いていない!

ふと足元を見ると、壊れたバインディングが転がっていた。
今年買ったばかりなのに〜。
恐らく保障の範囲内で治ると思うが、ショック。

ベースプレートの部分のプラスチックが割れたのが原因。
今シーズンは、バックカントリーの板で過ごすしかなさそうです。
滑りにくいんだよね、その板。

刺青

同僚の女の子に、刺青を入れるんだけど日本語で入れたい!
という要望をもらい、向こうの指定する漢字を選んでいるんだけど、

Love→愛
Live→生
Laugh→笑か喜

上の二つはいいとして、笑って少し変なイメージになるから、喜に使用と思うけど、どう思います?

でも、上の三つを並べても
愛・生・喜
なんか変だよね。やっぱ4文字熟語が渋いと思うんだけど、
愛と喜びを持って生きる、見たいな4文字熟語知っている人教えて下さい。

結構大変な作業ですよ、これは。

ついでに、日本語の間違った使用例特集を紹介します。
http://hotnihongo.exblog.jp/tags/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E/#4817839


大繁盛

今日パトロールが無線で呼ばれた回数が8件。
そのうち4件を自分が担当しました。これはその都度誰が一番近いか、なので運が無いともいえますが。なんとそのうち2件が日本のお客さん。
これこそ、自分がいる意義があると感じられます。
1シーズンで数件しか日本人の怪我がないうち、2件が今日。
続く時は続くもんです。

自分が担当した件じゃないが、頭を打ってパトロール室に来た家族、とりあえず病院行くことを勧めて返したが、実はデイロッジで休んでいたみたいで、2時間後ぐらいに再度パトロールが出勤する羽目に、その時はかなり様態が悪くて、診療所で嘔吐x数回、話しながらも気を失いかけてきて、救急車で病院へ。救急車に乗る前にも様態は悪化して痛いみたいで、パトロールが何故か付き添って病院まで行くことになった。その先はまだどうなったかわからないので、明日Updateします。

頭はわからないからね。すぐに病院に行くことをお勧めします。

身近な人

4月5日はもっとも身近な人の誕生日。
日付が変わって即、冷蔵庫から発見されたシャンパンっぽい物で乾杯。
お昼には、俺シェフが腕をふるった、ハンバーグランチ+ショートケーキ。
生まれて初めてハンバーグ作ったけど、結構簡単だった。

年はどんどんとって、何も変わっていないようだけど、変わっているだろうな。
個人的には、ビールを2缶ほど飲むと、頭が痛くなるようになったな。
あと、疲れが取れるのが遅い。

Happy Birthdayでした。









身近でない人

残念なことに、今日サンシャインで死亡事故があった。
他のスキーヤーとぶつかり、コントロールを失ったスキーヤーが木に胸を強打し、
肺もしくは気管へのダメージにより、呼吸困難になり、心肺停止。

自分が現場に到着したときには、既に同僚により心肺蘇生が始まっていたが、
患者は既に息をしていなく、誤解を恐れずに言うと、既に物体化していた。
自分も、心臓マッサージを行ったが、まったく恐れも、気の高ぶりもなく、冷静にひたすらマッサージを行った。同僚も顔色一つ変えていなかった。

もちろんこれが家族、知り合い、たとえ顔見知り程度でも、皆かなり動揺した筈だが、まったく知らない人の場合、ここまで冷静でいられるのかと不思議に思った。
ただ、既に物体化していなく、苦しみながら死んで行く人、もしくは出血などを大量にしている人を見たら、また違った気持ちになったのだろう。

例は変だけど、その場で殺される牛を見ていたら食欲をなくすけど、切り身になっている肉は問題なく食べる事ができる。ということは、解体業者の人は肉を食べられないのかな?いや、慣れてくるから食べられるだろうな。外科医が死にゆく人を治療できるのと一緒で。

結局は、身近な人に起きる問題だから自分にも影響するのであって、他人であればそれがどういう状況であろうとも、自分にはさほど影響を与えないという結論に。
んーそんなもんなのかな、本当に。

今日の朝はマイナス24度。4月でこんなに寒いのかよー。見たいなブログになる予定だったんだけど、急遽内容変更でした。
« | 2018/10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
トラックバック
アーカイブ