プロフィール
Canmorite
DTIブログ!

Search

怪我人のリアクション

怪我をした人の中でも、怪我に対しての反応は様々。
もちろん怪我の種類にもよるけど、結構パーソナルな部分が多いように見受けられる。

21歳男性イギリス人、鎖骨を骨折。
元々泣き顔なんだろうけど、眉毛が八の字になっちゃって、こっちが聞いても声が小さくて聞こえない。
もう、鎖骨折っちゃって、精神的にやられている感じ。たかが鎖骨だよ君!

23歳女性カナダ人、手首複雑骨折
手が猛烈に痛いということで、慎重に上着を脱がして、腕をまくると、、
すごい角度で手首の一部が盛り上がっている。それを見て彼女は大爆笑。
ありえなーい、見たいな感じでずーと笑っていました。こっちも皆笑っていた。

20歳男性カナダ人、両足骨折
現場では明らかに左足のすねが折れて盛り上がっている。とりあえずそっちは慎重に添え木して診療所へ。なんか逆の足も痛み出した見たいなこというので、念の為ブーツを脱がすと、足首の部分がありえない形している。後から病院に聞いたところ、足首脱臼+骨折。
彼も、ブーツ脱がす時は悲鳴を上げていたけど、それ以外は冗談言ってたりかなり明るかった。
尊敬に値するのでほめてたりしたんだけど、結局足首にプレートを入れるので満足に歩けなくなるらしい。逆の足は普通の脛骨、ヒ骨の骨折。
いい奴なのに、可愛そうだな。

18歳カナダ人、脛骨の7番目骨折
前の日記でも書いたけど、彼は結局下半身不随になった。
彼の時は、パニックで泣きさけんでいた。早くここから連れ出してくれって、言ってたな。
これはしょうがない。

最後のケースは特別にしても、どんな状況でも明るくいく肝っ玉が必要だ。




http://canmorite.com

雪崩れのシナリオ

今日は土曜日でそこそこ忙しかったけど、午前中を利用して雪崩発生からレスキューまでのシナリオを練習した。
場所はゴーツアイの奥で実際の雪崩れのデブリを使用しておこない、パトローラー7人、トレイルクルー11人、雪崩犬1匹の構成。

リフティーへの通報から、無線を使ってパトロールに連絡が入り、レスキューリーダーを決めて、捜索開始。結果は、雪崩犬があっという間に、3人の犠牲者を発見。
その後、プローブラインといって、ビーコンをもっていない埋没者を探す練習をしておしまい。

犬飼ったら雪崩犬にしたいな。

http://canmorite.com


関係ないけど、クールな雲



雪崩犬のシヌーク、所属はCRDA(CanadianRescueDogAssociation多分)



プローブライン






休日といえば

マージャンでしょう。
高校の時に覚えて、大学で血のにじむような特訓をした。
社会人になってからは、時間がないので高レートでの短期決戦。
まさに青春の名が相応しい、マージャン。

カナダに来てからはもちろん、やる機会もないし、気すら起きなかった。

しかし、ある場所にはありますねージャン牌が。
雀荘藤で、4半チャン。2回飛びました。
すがすがしいっす、ロッキーの山々の中で飛ぶってのわ。

http://canmorite.com


夕食は、雀荘藤の名物おばちゃんによる、やきそば。
ぶっ殺されるね、俺は。



Inservice

今日は診療所詰めの日。大して雪も降っていないし、昨日散々滑ったので休養日でちょうど良かった。午前中は、Inserviceと呼ばれる、ボランディアでたまに来るドクターからの講義。
今日のドクターJasonは、病院から模型を持ってきてくれる程の、気合の入りよう。
内容は、"AirWay"。死亡者の大多数は何らかの原因からAirway=気道を失い、死亡する。
ということで、Airwayは非常に重要な物なんです。

模型を使用しながら、多数のAirway確保の為の機材を練習。
実際使用するシチュエーションは、Airwayが確保できなくて死にそうな人に対してやるもんだから、
多分、焦って無理なんじゃないかと思っています。

皆さんAirwayは確保して滑りましょう。



模型を相手に、コンビチューブという品を練習中



これは昨日から、ゴーツアイのコース内にできる雪庇を落とそうとして落ちないから、滑ったところ

SilverCityデビュー

ついにデビューしておきました。SilverCity。
一般向けには今日はオープンできなかった(予定は昼過ぎだったが、怪我人続出で)のだが、パトロールは探検OKということで、午前中に行って来た。

感想は、斜度的には急だけど問題ない感じ。ただ、写真のように崖の上を滑るので、こけたことを考えると、腰がひけます。こけたら死ぬのかな〜?
しかも、コンディションはパウダーではなく、何故か硬い雪。アイスバーンではないし、エッジもそこそこかむんだけど、やっぱ怖かったなー。
これぐらいのコンディションであれば、同僚はすいすい滑るので、次回はなるべくスムーズに滑りたいと思った、ほろ苦いデビューとなりました。

写真、赤線が今回の滑走ルート(WarChild)、青線がもう一つのルート(Tomahawk)こっちは現在強制ジャンプがあるので、一般的にはお薦めできません。
そのほかにも沢山ルートはあるのだが、全てエキストリームスキーヤー向け。

http://canmorite.com





さぼっていたなー

前回の日記はいつだっただろう?
ちょっと日記をかかないと、すぐに1週間ぐらいたつんすよねー。

実はホリデーシーズンが終わって、パトロールのシフトが、
5勤2休、次の週が4勤3休という素晴らしい物に変わったんです。
今週は3連休があって、スキーにも行かなかったので体はリフレッシュ。

そういえば、今日シルバーシティーがオープンしました。
サンシャインにある、デリリアムダイブ、ワイルドウェストに続く、フリーライドエキストリームコース。
ここは、他の2つのコースと違って本当に危ない。実は自分もいったことがないんです。
明日は、アッパーマウンテン担当(Angel,Divide,Teppe)なので、いくチャンスがあるかも。
このコースだけは、知っている人といった方が良いですね。

写真の奥の雪庇の下がシルバーシティー。この前上の雪庇を爆弾で落としました。
白いバケツが全部ダイナマイト、通常1kgか2kgのところ、これは17kg。爆弾ですよ。




http://canmorite.com

医者ができること、できないこと

サンシャインには結構な割合で、ボランティアのドクターがスキー場にいてくれる。
基本的には、我々が対処してボランディアなので、医者の手を煩わせないことになっているんだけど、やっぱり限界があります。

先日立て続けに大きな怪我人が発生。

1.スノーボーダーヘルメットなしで、雪キャッチ用のフェンスを張る為の太い柱に頭から激突。パトロールが駆けつけた時には、既に下半身が動かないとのこと。医者がいたので現場に来てもらったが、どうしようもないので、すぐにヘリコプターで病院へ。結局、頚骨の6番目を骨折で下半身不随に。手術とリハビリ次第では治るかもしれないので、頑張って欲しいっす。

2.スキーヤー、パークでクラッシュ股関節脱臼。
パークでは超激痛で搬送に手間取るも、診療所へ。
骨、間接専門の医者がたまたまボランディアでいてくれて、診療所で麻酔と点滴とその他3種類ぐらいを注射して、まどろんだところを一発!近くて見てたけど、初めて股関節を入れるの見た。かなり感動。
今までの激痛が嘘のように治り、笑顔がでていた。もちろんそのまま救急車。

怪我の種類と大きさが違うけど、医者の手に負えない怪我はしてはいけませんね。
結構怖いっすね。近くで見ていると。


1のアクシデントの時は自分は休日。たまたま居合わせたので手伝ったけど、写真は休日スキーから。
雪は良かったー。



メグミ



タケ6



Jedさん


嵐の予感

土曜日の朝までに15cm、日曜日の朝までに更に15cm降るという予報がでてますねー。
ほんとうかどうか。
当たったら、かなり良い1月になるのは間違いないっすね。
今日は2日の休暇明けで出勤し、午前中はダイブ、午後はゴーツアイのサウスサイドシュートとワイルドウェストをチェケラしてきました。

基本的には雪はいいっすねー。軽い。ただ、来場者が多いので結構ボコボコになってたりはしますが。
ワイルドウェストはダイブに比べて人が入らないので、ねらい目かも。

下山途中には、ほぼ誰も知らない場所「RadRun」に連れて行ってもらった。
ゴンドラ乗っていて、キャニオンの向こうに見える崖の部分。基本的には崖を落ちながら滑るので、
新雪後でないと、いけません。

今日ゲレンデを閉める際に、ダイブ、ショルダー、ワイルドウェストはアバランチクローズにしてきたので、明日の朝一は多分あきません。ただ、10時ぐらいから徐々に開き始める可能性がありますので、
雪崩ギアはお忘れなく。

ゲレンデに毎日のようにいると、本当に綺麗な山の瞬間が沢山あるすよねー。
ただ、ポケットデジカメしか持って行っていないので、上手く撮れない。
一眼とか持っていってたら、かなり良い写真が取れるンだけど。。
邪魔だから持っていけないのが残念。



3日前の朝焼け



ワイルドウェスト内のコース「Peyto's」



秘密のコース「Rad Run」

http://canmorite.com


パトロール小屋の秘密

昨日は大晦日。友人が来て、借りてきた餅つき機で餅を作りました。
そんなこんなしてたら、花火が上がり始めてHappyNewYear。
日本ほどじゃないけど、Canmoreでも花火があがるんです。

そんな中友人とPS2のサッカーゲームをやり続ける。
自分の奥さんが帰ってきて、友人の奥さんが帰ってきて、ゲームとビールと会話。
気づいたら3時。
次の日は6時に起きて出勤。
行きのバス内→50分
ゴンドラ内→5分(20分乗車だけど寒くて寝れなかった)
午前中→0分
午後→パトロール小屋で約1時間

細かく睡眠を足して何とか乗り切りました。
今日のパトロール小屋は皆寝てた。でも給料はでます。

http://canmorite.com


キャンモア名物花火



その名ももちっ子
« | 2007/01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
トラックバック
アーカイブ