プロフィール
Canmorite
DTIブログ!

Search

2011_Dec Yukon_Trip


12月8日の昼下がりオフィスから電話が、
オフィス”ユーコンで仕事あるけど時間あったら行く”
自分”ちょうどパトロールの仕事も無いのでありがたいっす、いつからですかー?”
オフィス”明日”

ということで12月中旬1週間ほどユーコンに行ってガイドをしてきた。
夏のハイキングガイドと違い、冬のユーコンでは夜はオーロラ、冬はスノーシューや犬ぞりなどのアクティビティーに案内、という感じで志向が少し異なるツアーをやっているわけです。

冬のユーコンは初めてだったけど、冬至に近い時期で9時過ぎに明るくなり4時ぐらいから暗くなるって感じなので、思ったほど暗いイメージはなかった。これで雪がもっと降る場所で、山も近かったら住んでもいいねー。


Sunrise and Yukon River


Alaska Highway near Kulane Lake


King Throne Mountain


mountains surrounding Hains Juction


Full moon


Dog Sledding


Northern Lights


Clouds reflecting to light on highway

11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

シーズンエンド、スタッフパーティー


ということで、11シーズンも無事に終わり、去る10月初旬、シーズンエンドのスタッフパーティーが執り行われた。

シーズン頭のツアー中に同僚の死という、いかんとも受け入れ難い事実をいきなり突きつけれられるところから始まった11シーズン。

更に、何が起きても不思議でない雰囲気もあったけれど、そんな中ヤムナスカガイドが、チームとして一丸となり怒涛の4ヶ月半を事故もなく、なんとか乗り切った感じ。

長いようであっという間の夏だった。でもあの訃報もずーっと前の話に感じるけど、わずか4ヶ月半前。なんか時間の尺度ってあってない感じがする。時計の針じゃ測れない。単純に12で割ったら1年という簡単なものじゃないんだろうな。
でも、やっぱり1日1日は進んでいくわけで、止まっているわけにもいかない。

さー、次はビッグステップとなるスキーガイド試験のある冬が、もうそこまで来ております。

とうことで、今シーズン不幸にも人生の中で私にすれ違ってしまった皆様、大変お世話になりました。
人と出会うことで、時には出会わなくてもできていく関係。普段は見えてなくても、そこには「絆」が存在する。望む、望まずに関わらずできてしまった、そんな関係、大事に次につなげていくものにしたいと思う、今日この頃でした。

あらためて、皆様お疲れ様でした。ありがとう2011年夏!


ボリュームは満点の寿司


かんぱーい


チーム、ヤムナスカ!

11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

11シーズン最後のガイディングx2日


記念すべき11年シーズン最後のお客様はツアーではなく、2日間のデイハイキング。
デイハイキングは、その日にお客様にあって2分間話した後、その場で行き場を決めるという、ガイドの本質が問われる、実は結構難しいカテゴリー。
この2日間は、晴れた初日にフェアビューマウンテンに登頂、雨の二日目は、ヤムナスカで黄葉を堪能と、メリハリをつけたものとなり、無事に今シーズンを終えたのでしたー。


実りの秋。グラウスベリー。小さくても甘い実。


フェアビュー頂上から見おろすレイクルイーズ
11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ツアー13本目


9月23日から29日の7日間が今年最後のツアー。13本目。
1日足慣らしの後ハイライトはシャドウレイクロッジ。
歩いて入るタイプのバックカントリーロッジだが、逆に歩いて入るということで、人気のある場所。ここに3泊もしたので周辺を歩き倒すことができた。

この場所は花の時期はお花畑が、黄葉の時期はカラマツの黄葉と、時期を選ばず綺麗。
おすすめです。


初日に訪れたターミガンサーク。ここいらもカラマツの黄葉が綺麗


ハイウッドパス周辺はビッグホーンシープが多い


シャドウレイクでキャスティングする添乗員さん。どうやら魚は少ないらしい


朝焼けするパイロットマウンテン


焼けた雲の先にあるのは


マウント・ボール


ロッジから行くデイハイクで人気の、ギボン・ピーク


向こう側の谷はカラマツがぎっしりと


下山翌日に訪れた、ラーチバレーのセンチネルパスから
11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ツアー12本目


さー9月。ロッキーに帰ってきて1本目のツアーは、個人のお客様グループ。
ジャスパーの方には余り行かれたことないとのことなので、ジャスパーに三泊して周辺で遊び倒しました。


ジャスパーへの移動途中にもハイキング。ウィルコックスパスにて


ロッキー最高峰のマウント・ロブソン州立公園


頂上を見ることも少ない、マウントロブソン


すげーきのこ


キニーレイクのリフレクション


久しぶりにきたエディスキャベル、綺麗だった。


頂いたカップラーメン。いやーうまかったです。
11ハイキングガイド日記 |  コメント:1  |  トラックバック(-)
TOP

ボウハットへのポーター


ツアーとツアーの間も一日の仕事がたまに入る。
今日は昔良くやったポーター。最近はないから、体力づくりに快く引き受けさせてもらった。
ひとりでもなんなので、チアガール。。チアーレディースを誘って。

カバンは23kg。重いけどまー悪くない感じ。ポーターといっても30も40も運ばなくてよく、23kg以上であれば断ることができる。さすがカナダ。

目的はボウハット。夏のボウハットも恐らくここ5年ぐらいいってなかったなー。
天気もよく、仲間もよく、楽しい一日でした。

チアレディースのお二人。サンクス!
もはやチアガールといっても過言ではない。


天然の橋。重い荷物でここをクリアするのが核心部


ウラシマツツジの紅葉


ハット到着。ご苦労様


このカバンの中に


マウンテニアリングコースの人達の食料の一部が入っている
11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ツアー11本目


ツアー11本目もユーコン。
このツアーではあの有名な岩崎 元郎さんを案内させて頂きました。
岩崎さんは有名人にもかかわらず、非常に気作で一緒に撮影した写真も快く使用許可を頂くことが出来ました。
岩崎さん、この度はお世話になりました!

ツアー内容は、やはりホワイトホース集合。北に3泊、南で2泊というもの。
このツアーではユーコン川の川下り体験もあり、日本でも有名なあのユーコン川でカヌーなんかもやっちゃいました。


ツンドラ紅葉のモザイク


ポプラの量もロッキーとは比べ門にならない多さ


今回もオーロラばっちり!


天の川との境


グループフォト


岩崎さんとの記念撮影


意外に綺麗なツインレイクス


ユーコン川にはびっくりするぐらい多くの、イヌワシとハクトウワシが棲んでいる


ロッキーに向かう飛行機の中から、アルバータ州最高峰マウントコロンビアを見下ろす
11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ツアー10本目


あっ、、、という間に夏のハイキングシーズンも終わった10月の今。やっとこさブログ再開。

ツアー10本目はユーコンでの1本目。毎年この時期に3週間ほどするユーコンでのガイディング。同じカナダでも植生も、山なみも、規模も全てが違うこのユーコン。ガイドをする方も楽しみなのも事実。

日程は9月24日から30日の7日間。
ユーコンの準州都、ホワイトホースから始まりもっと北に移動して4泊、最後は世界遺産でもあるクルアニ国立公園でのハイキングでの締めくくり。

ユーコンツアーの特徴はなんといってもオーロラ。天候に左右されるので見ることができないことも多いけど、自分のツアーでは勝率100%。もちろんこの秋も見ておきました。


ツンドラ紅葉が素晴らしい場所なのだが、今回はあまりいい写真がなかった


ドーソンという町にある渡し。24時間営業で向こう岸に渡してくれる。


良いオーロラに巡り会えた。


オーロラその2


オーロラその3


オーロラその4


ヘッドランプを利用してこんな遊びができる


世界遺産、クルアニ国立公園に向かう


看板


公園内のハイキング


ツアーの合間はソーシャルデー。いやーユーコンでは調子悪かった。
11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ユーコンの町


今晩、お客様を迎えていよいよユーコンツアーがスタート。
その前に町をジョギングして、名所をまわってみたので軽く紹介


S.Sクロンダイク号。ユーコンの歴史はゴールドラッシュの歴史。
ゴールドが発見されてから、みなイカダでユーコン川を下り、北のドーソンを目指した。その後落ち着いてからは、このような蒸気船で行き来をしていた。


ビーバー。ユーコン川にも沢山のビーバーが棲んでいるみたいで、そこら中に倒された木の跡が。


既にシヌークサーモン(商品名キングサーモン)が既にあがってきている。
ここまで3000kmほど遡上し、目的地まじか


ユーコン川にある大きなダム。このダムをサーモンがこすには?


Fish Ladderと呼ばれる水路が用意されていて、ここを登っていく。
11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ツアー9本目

遂に最新のツアー。
日程は8/13-21。目玉はセルカーク山群にあるエスプラナーデ・トラックの縦走。
毎年行く場所だが、天気もよく、特にサウナが最高の場所。


ベアバンガーという新兵器。音以外にも光をだせるので、レスキューに役立つ


天気が良い。後ろのマウントロジャースは今年の冬の目標


晴天の中のハイク


褒められたガッツポーズを再び
11ハイキングガイド日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
« | 2018/12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
トラックバック
アーカイブ